桜友会は老人総合福祉施設(ほほえみ福寿の家)・児童心理療育施設(桜学館)を運営しています。[岐阜県関市]

桜友会をホンネで語る[リクルート対談Vol.4]

  • HOME »
  • 桜友会をホンネで語る[リクルート対談Vol.4]

title03

入職はいつでしたか?

平成23年に関有知高校を卒業し、同年4月に入職しました。

当法人に入職しようと思ったきっかけは何ですか。

高校の実習やボランティア活動がきっかけでした。実習の際、なにより職員、利用者様、みなさんが常に笑顔だったことが印象に残り、「暖かい」雰囲気の施設だなと感じ、入職しようと決めました。また、小学校の頃に「ほほえみ福寿の家」の風船飛ばしなどのイベントに参加したことがあり、親しみを感じていたのもきっかけの一つです。

介護の仕事に不安はなかったですか?

最初は全てが不安でした。「分からないことが、分からない」ような状態で、毎日「どうしよう」という思いばかりでした。

その不安をどのように解消しましたか?

自分の中に、「完璧に仕事をしなければならない」という思いが強くあったのですが、上司や先輩方から、「初めはできなくて当たり前」とアドバイスをいただき、不安がしだいに小さくなりました。また、桜友会のチューター制度のおかげで、仕事ができるようになるまで先輩方からマンツーマンで指導していただき、安心して業務を覚えていくことができました。

さて、最初の配属先はグループホームでしたが、いかがでしたか?

介護と言うと、排泄介助や入浴介助などのイメージが強かったのですが、利用者様と一緒に食事を作ったり、掃除・洗濯をすることに驚きました。こういった介護もあるのだと知りました。私は食事をつくるのが苦手でしたが、利用者様から「大根やにんじんは、煮込むとやわらかくなるよ」と教えていただいたり、味見までしていただき、一緒に食事を作れるようになった時は、とてもうれしかったです。

その後に小規模多機能施設へと異動になりましたが、異動したことでの苦労はありましたか?

小規模多機能施設について詳しく知りませんでしたが、デイサービス・ショートステイ・訪問介護が組み合わせられたサービスだと分かりました。とにかく覚えることがたくさんでした。また、これまで大きな車を運転する機会がなく、送迎用車を運転することに初めは不安がありました。毎日があっという間に過ぎていき、多くの利用者様の名前と顔を覚えるのも時間がかかりましたが、利用者様・職員とも全員の関係が良好で、楽しく仕事を覚えていくことができました。

変則勤務については、大変ではありませんでしたか?

早番・遅番があり、ペースをつかむまでは大変でしたが半年で体が慣れました。早番の時は、早めに帰ることができて、その後に遊びに出かけられますし、遅番の時は、遅くまで寝ていられるので、私自身のペースに合っていたのですね。休日も計画的に取れ、連休を取って友人と遊びに出かけることもあります。たとえば、毎年ディズニーランドへ遊びに行くことが、オン・オフを切り替えてリフレッシュする糧になっています。

今後のご自身の夢や目標を教えていただけますか?

新人の頃から一歩ずつ成長してきたと思いますが、まだまだ覚えることがたくさんあります。笑顔を忘れずに日々頑張るということを目標に成長を続けていきたいです。

周りの人たちに助けられ、成長してきたことがよく分かりました。これから仕事に就こうとする学生さんにも、介護職につきたいと考えている方にも参考になったことと思います。ありがとうございました。

リクルートに関するお問い合わせは TEL 0575-24-9570 担当:小池 までお電話ください

問い合わせ先

特別養護老人ホーム
ほほえみ福寿の家
〒501-3932 岐阜県関市稲口845番地
TEL 0575-24-9570
FAX 0575-24-9571
担当/奥村
E-mail ouyou@hohoemi.or.jp

児童心理療育施設 桜学館
岐阜県関市稲口777-1
TEL 0575-24-0050
FAX 0575-24-0051
担当/施設長 山口薫
E-mail sakura@hohoemi.or.jp

PAGETOP
Copyright © 社会福祉法人桜友会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.